通常の記事投稿サンプル

むかし、いつの頃でありましたか、竹取の翁といふ人ひとがありました。

ほんとうの名なは讃岐の造麻呂といふのでしたが、毎日のように野山の竹藪にはひつて、竹を切取とつて、いろいろの物を造り、それを商ふことにしてゐましたので、俗に竹取の翁といふ名で通てゐました。

ある日、いつものように竹藪に入り込んで見ますと、一本妙に光る竹の幹がありました。

不思議に思つて近寄よつて、そっと切つて見ると、その切つた筒の中なかに高さ三寸ばかりの美しい女の子がゐました。

いつも見慣れてゐる藪の竹の中にゐる人ですから、きっと、天が我が子として與へてくれたものであらうと考へて、その子を手の上に載せて持ち歸へり、妻のお婆さんに渡して、よく育てるようにいひつけました。

お婆さんもこの子の大そう美しいのを喜こんで、籠の中に入れて大切に育てました。

おかだ歯科までお気軽にご相談ください。

お電話