メリット・デメリットについて

訪問歯科は、お身体が不自由などの「通院困難」が理由で、お一人での通院が難しい方、通院するために介助を第三者にお願いすることが難しい方、認知症の方などを対象に、歯科医師や歯科衛生士がご自宅や施設にお伺いし、歯科治療を行うサービスです。

訪問歯科のメリット

1.歯科医院へ出向かずにお悩みが解決できます

お身体が不自由で歯医者に通うことができないと、お口に問題があってもあきらめてしまう方が多いようです。ですが、お口の問題を放置していると、悪くなることはあっても良くなることは決してなく、そればかりか体のさらなる不調を招いてしまいかねません。

歯科医院に出向かずとも、ご自宅などで治療を受けられることで、お口の問題やトラブルが解決され、快適な生活、健康的な生活を送ることができます。

2.リラックスして治療を受けられます

お身体が不自由な状態で歯科医院に行く、ということはご本人にとっても介助される方にとっても身体的・心理的ストレスが大きいものです。

訪問歯科なら、ご自宅でリラックスした状態で、歯科医院で受けるのとほぼ同等の治療を受けることができます。

3.介護を行う方へもケア方法を指導できます

介護を必要とする方は、ご自分でお口のケアをすることが難しくなっていることも珍しくありません。そのような場合、介護する方へお口のケアをお願いすることになります。訪問歯科治療の際に介護の方にお口のケア方法を直接見ていただくことで、患者様のお口を正しく行っていただけるようになり、日々のお口の健康が保ちやすくなります。

4.食生活や生活環境などに沿ったアドバイスを受けられます

歯科医や歯科衛生士が、患者様の生活空間へ訪問することで、食生活や生活環境といったものをある程度知ることができますので、患者様の状況により合った治療やアドバイスを提供することができます。

5.定期的なケアでお口の健康を保ち続けやすくなります

訪問歯科は、急病のたびに医者を呼ぶ「往診」とは異なり、お口を定期的にケアして健康を維持することを目的としています。そのため、介護状態においても、お口の健康をあきらめることなく、維持し続けていくことが可能です。

訪問歯科のデメリット

1.多少、外来よりも料金が発生します

訪問歯科診療は保険診療ですが、治療費、指導料などが外来で受けるよりも多少多めにかかってきます。

2.治療内容に制限が出ることがあります

基本的には、歯科医院で受ける治療内容と同等の治療を受けることが可能ですが、姿勢や照明などに制限があるため、治療内容によっては歯科医院に直接来ていただくほうが良い結果になることもあります。

3.治療内容によってはすぐに対処が難しいこともあります

訪問歯科の際でも、通常必要とされる器具、機械、材料などは十分に準備していきますが、歯科医院のようにあるゆるものが揃っているわけではありません。そのため、お口の状況などによっては、すぐに対処することが難しく、後日改めての対応になることもあります。

お電話